七五三について

七五三は、子供の成長を祝うために神社に参拝する儀式です。
女の子は3歳と7歳の時に参拝することになっています。
しかし、男の子は地域によって5歳のときだけ祝うところと、3歳と5歳の2回祝うところがあります。
地方によって風習が異なるようです。
11月15日に儀式がおこなわれることになっています。
しかしその前後の日でもかまわないそうです。
11月の土日に参拝しても大丈夫です。
晴れ着を着て、神社にお参りをすることになるのですが、神社に祝儀をすると、祈祷してもらえます。
しかしお参りだけしてもかまわないそうです。
その際、神社内で記念写真を撮るのが普通です。
最近は別の日に写真を撮っておく人も多いようです。
当日は混雑するので、別の日の方がいいのかもしれません。
男の子の晴れ着は、羽織と袴が正式なものですが、洋服でもかまわないそうです。
七五三のとき風習で千歳飴を食べることになっています。
これは江戸時代の餅屋が売り出したのが最初で、今日まで続いています。

詳しくは→七五三の疑問を解決!七五三のQA集 | マイナビニュース

recommend

コールセンターのベルウェール渋谷
http://www.visionapparel.org/

2017/1/13 更新